ブラックカードとは

人気ゴールドカードランキング1位:JCBゴールドカード

唯一の国内クレジットカードブランド。旅行傷害保険1億円や各種見舞金。19歳未満の家族も保証される家族特約など保障面が充実。プラチナカード「JCBザクラス」へのアップグレードを考えている方も、まずはJCBゴールドからスタート。
電子マネーはQuickPayにも対応。
>>JCBゴールドカードの詳細情報はコチラ

ブラックカードとは

ブラックカードとはクレジットカードの中でも最高峰のステータスカード。プラチナカードのさらに上位グレードのクレジットカードとして発行されており、利用限度額なし、無制限で利用出来るというのが一般的。代表的なカードとして「アメリカンエキスプレス・センチュリオンカード」、「ダイナースクラブ プレミアムカード」が挙げられます。


ブラックカードを取得するには?-取得の条件・年収など-

ブラックカードを取得するには原則的に、カード会社からのインビテーション(招待)のみとなります。
ブラックカードの下位カードである「プラチナカード」を取得して、利用額やなどがブラックカード所有者にふさわしいとカード発行会社に認められた場合に、ブラックカードのインビテーションが送られます。

年会費は10万円以上と超高額ですが、これを高額と思わない利用をする人が対象のカードということなのでしょうね。

ブラックカードのサービス

ブラックカードのサービスとしては代表的なものに「秘書サービス」「ホテルのアップグレード」「高級レストラン等の席確保」などがあるとされています。

特に秘書サービスは自分の私設秘書のような感覚で色々なお願いや希望を出せるそうです。また、高級ホテルなどでは予約した部屋のアップグレード、予約が難しいお店をブラックカードの発行会社が会員用に確保しているので利用しやすいなどがあげられるそうです。

 

ブラックカードを取得するには?

ブラックカードを取得するには、クレジットヒストリー(クレヒス)をしっかりと積んで、お目当てのカード会社に「優良顧客」と判断してもらう必要があります。
お目当てのブラックカードを発行しているアメリカンエキスプレスやダイナースクラブなどのゴールドカード、「アメックスゴールドカード」や「ダイナースクラブカード」といったカードを取得してできるだけ早いうちからカードを使って、延滞なく利用していくことが大切です。

石の上にも3年といいますが、こうした超プレミアムカードにおいてもそれは例外ではありません。