20代で持てるゴールドカード比較

人気ゴールドカードランキング1位:JCBゴールドカード

唯一の国内クレジットカードブランド。旅行傷害保険1億円や各種見舞金。19歳未満の家族も保証される家族特約など保障面が充実。プラチナカード「JCBザクラス」へのアップグレードを考えている方も、まずはJCBゴールドからスタート。
電子マネーはQuickPayにも対応。
>>JCBゴールドカードの詳細情報はコチラ

20代で持てるゴールドカード比較について

最近は20代の方でもゴールドカードを保有できる時代になりつつありますが、それでも審査は厳しいものです。ここでは、20代でもゴールドカードを保有するためのテクニックや各社のヤングゴールドカードを比較します。


ゴールドカードとヤングゴールドカード

銀行系のクレジットカード会社を中心として「ヤングゴールドカード」なるクレジットカードが発行されています。年会費はおよそ3,000円前後となっており、サービス内容はゴールドカードのサービス内容を劣化させたようなものです。しかし、近年このヤングゴールドカード自体発行が次々と停止されています。理由はさだかではありませんが、JCBなどはヤングゴールドカード(JCBネクサス)を廃止する代わりにゴールドカードの対象年齢をこれまでの30歳以上から20歳以上へと引き下げています。

実際ヤングゴールドカードにはステータスは皆無ですし、サービス内容自体も中途半端という印象しかありません。

 

ヤングゴールドカードのメリット

では、ヤングゴールドカードのメリットはどういったものでしょうか?第1のメリットはゴールドカードの審査に有利ということが挙げられます。ゴールドカードの中でも審査が厳しいといわれている三井住友VISAゴールドカードの場合でも、三井住友VISAヤングカード利用者であれば満30歳を超えた場合自動的にゴールドカードへと切り替えられます。

このように、今は無理だけどどうしてもゴールドカードが欲しいという人にはヤングゴールドカードは有利なカードといえるでしょう。

 

20代でも取得可能なゴールドカード

JCBゴールドカード
満20歳以上の安定した収入のある方

アメックスゴールドカード
満25歳以上の安定した収入のある方

 

ヤングゴールドカード

三井住友VISAヤングゴールドカード20s
審査:一般カードと同様(ただし、発行は20代限定。30歳以後の更新時に「三井住友VISAゴールドカード」に切り替える形となります。)

三井住友VISAプライムゴールドカード
審査:一般カードよりやや厳しいか?(発行は20代限定)30歳以後の更新時に「三井住友VISAゴールドカード」に切り替える形となります。)