限度額の高いゴールドカード比較

人気ゴールドカードランキング1位:JCBゴールドカード

唯一の国内クレジットカードブランド。旅行傷害保険1億円や各種見舞金。19歳未満の家族も保証される家族特約など保障面が充実。プラチナカード「JCBザクラス」へのアップグレードを考えている方も、まずはJCBゴールドからスタート。
電子マネーはQuickPayにも対応。
>>JCBゴールドカードの詳細情報はコチラ

限度額の高いゴールドカード比較について

ゴールドカードといえばカード利用限度額が高いというイメージがありますが、ここでは、各ゴールドカードが設定している限度額について公式アナウンス情報と実情の両面からゴールドカードを比較していきます。ただし、限度額についてはその人それぞれの与信額によって異なりますし、これまでの利用実績なども考慮されますので一概に評価することはできません。


ゴールドカードの限度額は高いのか?

ゴールドカードは一般カードと比較して限度額は高いとされています。ただし、実際にどのくらいの限度額が設定されるのかについては、個々の利用状況などによって異なります。

ゴールドカードでも50万円程度の限度額しか設定されない場合もあれば、200万円、300万円というような限度額が設定されるようなこともあります。

カードの色によって多少は異なりますが、基本的には「カード会員の属性」「これまでの利用実績」などが問われる形になります。

また、今は限度額が低くても、そのままカードを使い続けてクレヒス(クレジットヒストリー)を積み上げていくことによって限度額が大きく上昇するというケースももちろんあります。

 

限度額が高いという噂のアメックスゴールドとダイナースクラブカード

ゴールドカードの中でも特に限度額が高いと評判が高いのが、アメックスゴールドカード(アメリカンエキスプレスゴールドカード)と、ダイナースクラブカードが挙げられます。

なお、アメックスゴールド・ダイナースクラブカード共に公表されている限度額は「利用状況や資産状況などに応じて個別に設定」とアナウンスされています。

ただ、実際にゴールドカードを利用してみるとわかるのですが、必ずしもこれら2つのゴールドカードのショッピング限度枠が特別高いというわけではありません。

例えば、アメックスの場合グリーンでもゴールドでもゴールドカードをどのようにどのくらいの金額を利用しているのかが重視されており、利用実績があまり芳しくなければ何年持っていても限度額が増えないというようなケースもあります。

ちなみに、両者ともゴールドカードの中でも年会費が高く、JCBゴールドカードが1万円の年会費なのに対して、アメックスゴールドは29000円、ダイナースクラブカードは 22000円となっています。

>>アメックスゴールドカード
>>ダイナースクラブカード

 

JCBゴールドカードや三井住友VISAゴールドなどの国内ゴールドカードの限度額

利用実績や利用目的から限度額を提示する海外系のゴールドカードに対して国内系のゴールドカードは比較的利用年数を重視する傾向があるようです。

例えば、三井住友VISAゴールドカードの場合、公式アナウンスの限度額は70万円〜200万円となっており、私の場合も実際経過年数でゴールドカード限度額はどんどん増えていきました。

すでに、一般カードの利用などを通じてクレヒスを積んでいるような場合にはゴールドカードにアップグレードすることで大きく限度額が上昇する可能性があります。
特に一般カードでそれぞれ70〜100万円などの高い限度額が付いている場合には、アップグレードすることで大きく限度額が上昇する可能性があります。

>>JCBゴールドカード
>>三井住友VISAゴールドカード