ゴールドカードの年会費の仕組み。年会費を払う価値はある?

人気ゴールドカードランキング1位:JCBゴールドカード

唯一の国内クレジットカードブランド。旅行傷害保険1億円や各種見舞金。19歳未満の家族も保証される家族特約など保障面が充実。プラチナカード「JCBザクラス」へのアップグレードを考えている方も、まずはJCBゴールドからスタート。
電子マネーはQuickPayにも対応。
>>JCBゴールドカードの詳細情報はコチラ

ゴールドカードの年会費の仕組みと払う価値

一般的なクレジットカードの年会費と比べて高額な年会費がかかるゴールドカード。ここでは、年会費の仕組みや、ゴールドカードの年会費の安いものや無料のカードなどについて紹介していきます。本当にゴールドカードの高額な年会費を支払う必要というものはあるのでしょうか?


ゴールドカードの年会費の相場

一般的なゴールドカードの年会費はJCBゴールドカード(1万円+税)、三井住友VISAゴールドカード(1万円+税)というところから1万円程度が相場といえます。
より高い、アメックスゴールドなどで3万円とちょっと高額化します。

しかしながら、「ゴールドカードを取り巻く最新情報」などでも書いている通り、年会費の安い(あるいは無料の)ものも登場してきています。

たとえばMUFJゴールドカードは年会費1905円と定額ですし、買い物などの条件(年間のイオン利用額など)もありますが、イオンゴールドカードなどは年会費無料で持つことができます。

このような形で必ずしも、年会費は超高額というわけではありません。

 

ゴールドカードの年会費の元は取れるの?

ゴールドカードだからといって、一般カードと比べて、ポイントの還元率が高いと言ったことは基本的にはありません。そのため、クレジットカードを使ってポイントで得をしたいというのであれば、ゴールドカードではなく、ポイントが良く貯まるカードを素直に使うべきです。
参考:ポイント還元率が高いおすすめのクレジットカード(外部サイト)

その一方で「ゴールドカードの魅力」でも書きますが、ゴールドカードの場合は充実した付帯保険(旅行傷害保険やショッピング保険、その他保険など)や、デスクサービスなどを使うことができます。

アメックスゴールドの、キャンセルプロテクション、リターンプロテクションといったようにより充実した保証サービスを提供しているカードもあります。
また、空港におけるラウンジサービスというものもゴールドカードにおける魅力の一つといえます。

このような保険・補償などに対してどの程度の強い魅力を感じるか?というのが一つの争点になってくるのかなぁと思います。

一つだけ言えることは「ある程度の金額のお金を消費するライフスタイルでないとモトは取りにくい」ということです。日々の買い物におけるショッピング保険、旅行時の空港ラウンジサービスや旅行傷害保険などは行動・買い物する人に価値をもたらすものです。

 

ちなみに、ゴールドカード以上のカードを狙っている(例えばJCBカードの「JCB the Class(プラチナ)」や「三井住友VISAプラチナ」など)というのであれば、やはりスタンダードなタイプのゴールドカードを持つべきだと思います。た、プラチナカードやブラックカードに関する年会費についての考察については「プラチナカードとは?」「ブラックカードとは?」のそれぞれのページで詳しく説明していますのでそちらをご参照くださいませ。

 

無駄なゴールドカードは無駄遣い

ゴールドカードに限りませんが、クレジットカードは基本的に使ってこそ意味があります。
もしも、ほとんど使っていないようなカードがあるのであればカードリストラを断行しましょう。特にゴールドカードのように高額な年会費が必要なカードを無駄に持ち続けることは大きな無駄遣いです。