インビテーションをもらうためのクレヒスの積み上げ方

人気ゴールドカードランキング1位:JCBゴールドカード

唯一の国内クレジットカードブランド。旅行傷害保険1億円や各種見舞金。19歳未満の家族も保証される家族特約など保障面が充実。プラチナカード「JCBザクラス」へのアップグレードを考えている方も、まずはJCBゴールドからスタート。
電子マネーはQuickPayにも対応。
>>JCBゴールドカードの詳細情報はコチラ

インビテーションをもらうためのクレヒスの積み上げ方

ゴールドカードよりもグレードの高いプラチナカードを取得するためには基本的にはカード会社からのインビテーション(招待)を受け取る必要があります。そのためには、 それぞれのプラチナカードやブラックカードを発行しているカード会社のカードを使ってクレヒス(クレジットヒストリー)を積み上げていくことが必要です。


基本的にはそのプラチナカードを発行する会社のカードを使う

プラチナカードが欲しい、インビテーションが欲しいという方がやるべきことは、そのプラチナカードを発行している会社のクレジットカードを使うということです。

注意したいのは「国際ブランド(カードに印刷してあるロゴ)」ではなく、そのカードを発行している会社のカードということです。たとえば、JCBのプラチナカード(JCB the Class)が欲しいとします。

このとき、カードのロゴにJCBが付いている「楽天プレミアムカード」を使っても無駄です。なぜなら楽天プレミアムカードはJCBロゴが入っていても、カードを発行しているのは「楽天カード」という会社だからです。

JCBザクラスが欲しいなら「JCBカードが発行するカード」を持つ必要があります。

 

インビテーションはそのプラチナカードの下位カードホルダーに発行される

たとえば「JCB the Class(プラチナカード)」がほしいというのであれば「JCBゴールドカード」を持ち、それを使うことが基本となります。「三井住友VISAプラチナカード」の場合なら「三井住友VISAゴールドカード」ですね。

同じJCBカードが発行するゴールドカード「ANAワイドゴールドカード」を保有している人に対して、JCB the Classのインビテーションが発行されることはないそうです。

 

カード会社から優良顧客と思われるためのカードの使い方

上手にクレヒスを貯めていくためには色々な使い方のコツがあります。

  • 絶対に遅延しない
  • 利用頻度を高める
  • 利用金額を高める

以上の3つのポイントをおさえてクレジットカードを使うようにするとプラチナカードへのインビテーションの近道となるはずです。

絶対に延滞しない

これは当たり前ですね。延滞というものはカード会社にとっては、最悪の評価がつけられる行動です。何度も延滞するようだとクレヒスを積むどころか、ブラック情報としてマイナスの情報が付き、下手をすると、どんなクレジットカードも作れないようになります。
ブラック情報については「クレジット・ローンの事故情報(ブラックリスト)はいつ消える?確認は? 」をご覧ください。

 

利用頻度を高める

沢山使ってくれう人ほど、よいお客様となります。 最低でも月1回以上は利用するようにしましょう。特にカード会社が好むのは「定期的な利用」です。電話代や水道光熱費などの引き落としにカードを利用するのは良い方法落ち得ます。

 

利用金額を高める

やはり年間を通じての利用額も大切です。プラチナカードのインビテーションが欲しいなら毎年100万円くらいはそのカードで決済するようにすると良いかと思います。カード会社によっても基準はあり、多少属性がプラチナカードの基準にあっていなくても、沢山使ってくれているようなカード会員にはプラスの評価をしてくれるはずです。