ゴールドカードにステータスはあるか?

人気ゴールドカードランキング1位:JCBゴールドカード

唯一の国内クレジットカードブランド。旅行傷害保険1億円や各種見舞金。19歳未満の家族も保証される家族特約など保障面が充実。プラチナカード「JCBザクラス」へのアップグレードを考えている方も、まずはJCBゴールドからスタート。
電子マネーはQuickPayにも対応。
>>JCBゴールドカードの詳細情報はコチラ

ゴールドカードにステータスはあるか?

ゴールドカードのステータス性ですが、昔のようなゴールドカードを持てるのはお金持ちだけというほどのステータス性はありません。「ゴールドカードを取り巻く最新情報」などでも説明している通り20代でも取得が可能なゴールドカードが増えており、特別感というものはかなり小さくなっています。

ただし、完全にゼロというわけではないようです。人は他人の懐が気になるようで、ゴールドカードを持っているということに対して、評価をするような人もいます。そのように思われるということはゴールドカードにはやはりステータス性があると言えるでしょう。


会計時に出されるカードの色が気になる人は82%

セゾンカードが2011年に行った市場調査によるものです。

会計時に他人が出すカードの色(ゴールドかどうか)が気になる:82%
クレジットカードのグレードで相手に対するイメージがプラスに変化する:35%
異性がゴールドカードを持っていた場合、その人の魅力が変化する:64%

このように、ゴールドカードを持っているかどうかによって他人の目が変わるという点はあるようです。ということはゴールドカードには現時点でもステータス性はあるわけです。

この調査を行っているのはクレジットカード会社ですので、お手盛り感は多少あるとは思いますが、それでもゴールドカードについてステータス性は「ある」と考えることができそうです。